株式会社ソフト開発 製品開発-プロダクト

ソフト開発 クラウドフローガードロゴ
ソフト開発 クラウドフローガードイメージイラスト

離れた場所からリアルタイムで状況を確認。防災関係者は遠隔からも素早く対応できます。
住民は遠隔で冠水状況を把握し、危険を回避。安心・安全な未来を実現します。

動画再生
気象災害の問題点
遠くても、リアルな安心。クラウドでつながる未来の防災対策!
ソフト開発 避難所受付システム「クラウドフローガード」PKG

01

冠水の深さを10分間隔で計測

電柱や街路灯に装着されたカメラ付き水位計(市街地冠水センサー)が10分間隔で計測した冠水の深さや道路の情報を、 スマートフォンやPCの画面にリアルタイムで表示します。

02

注意水位、危険水位を通知

冠水の深さが、注意水位や危険水位に達すると、自動的に警告メッセージが 通知されます。

03

AIが6時間先までの水位を予測

AIが気象データや過去の冠水状況の学習により、6時間先までの道路の冠水水位を予測して、 グラフ形式で防災関係者や近隣住民等に提供します。今後、実証実験等によって、実際の気象データや冠水状況を学習し、予測の精度を高めていきます。

04

現在地から避難所まで安全に道案内

冠水している道路を避けて、安全に避難所まで向かうことが可能です。また、混雑している避難所を避けて、空いている避難所に避難することができます。

さらに「避難所受付システム」と連携で 避難所の情報をリアルタイムカメラで表示し混雑状況など確認きるようになります!

リアルタイムで状況を把握!
「クラウドフローガード」で未来の防災対策!!お気軽にご相談ください!

ソフト開発 避難所受付システム「クラウドフローガード」PKG